前へ
次へ

冠婚葬祭にふさわしい服装とは

冠婚葬祭に出席する場合には、それにふさわしい服装をする必要があります。例えば結婚式の場合には、ジーンズなどで訪れると恥をかいてしまうため注意が必要です。ジャケットを軽く羽織る程度ならば問題ありませんが、上下ともきれいな格好して臨むのが良いです。あくまで友達同士の飲み会とは異なるため、その点をよく意識して服装を選ぶことが必要でしょう。男性の場合にはスーツが良いですが、女性の場合には和装をすることもあります。ただ和装する場合には、大抵友達の結婚式なのでなく身内の結婚式の場合です。例えば自分の兄弟や子供が結婚する場合には、和装する傾向があるでしょう。結婚式の場合男性が注意するべきは、ネクタイの色になります。通常おめでたい席ではネクタイの色が白になるのが基本と言えるでしょう。これに対して葬式の場合には白いネクタイをしていてはいけません。普通は黒になるためその点も注意が必要です。普段からどちらも用意しておきましょう。

Page Top